2017年6月7日水曜日

「Les Caprices」誕生・2





昨日に引き続きます。

先週の日曜日の夕方、asami先生から
私がコンサルティングを受けられた当初と現在のエスプリが変わってきたこと。
ふと、先生の手元にあった、
バカラの小冊子に掲載されていた、ある一枚の美しい写真が、
あの私が恋したハイヒールと雰囲気やオーラが重なり、ピンと閃きがあったこと。
(先生には事前にどのようなハイヒールかお伝えしていたのです)
など、思いの詰まったメッセージを頂き、

赤と黒のルブタンを手に入れない変わりに、
このエネルギーをレッスン名として変えられては、
との先生からのご提案がありました。

そのバカラの画像をみた瞬間、私はあの時と同じ気持ちが湧いた。


一目惚れしたあのハイヒールと同じオーラを発している、Baccaratのシリーズ。
その名も「Les Caprices」

意味は、気まぐれ、移り気、ですが
実際のフランス人が日常会話で使う場合は
意味合いが違うそうで、
「何かを手に入れたいものへの行動」 という意味を表すそうです。

まさに、ハイヒールの哲学を通して、何かを手に入れたい全ての女性にピッタリだと感じた。


先生は、ご主人様にもこの「 Caprice」の
生きたフランス語での意味を確認までしていただいたとのこと、
ここまで考えてくださったことが、私には心から感謝の気持ちで溢れそうでした。

それにしても、福岡の百貨店にある、
私のハートを掴んだルブタンの赤と黒のハイヒール。

パリの崇高なアパルトマンに飾られているバカラの写真。

このふたつが、このような形で結びつくことに、神秘的な気持ちになり
これも、asamiコーチの成せるマジックです。

先生は私の話だけを聞いただけであり、実物を見ずとも、
この二つの美しい芸術品を繋げてしまったことは、
本当に驚くべきことで、言葉に出来ないくらい素晴らしいと感じた。

まだまだ新しい名前には及ばず、修行の身ですが
自分をこのように高める意味も含め、
これから、この名前と共にハイヒールの哲学を深めていきたい。

asami先生に深い感謝を込めて

                                              ~Les Caprices~



0 件のコメント:

コメントを投稿

冬こそハイヒールを。

すっかりここ福岡も寒くなり、今日は特に風が刺すような冷たさでした。 しかし、私が選ぶ靴はハイヒールであり 寒くても身体を縮めず、デコルテを張って歩く。 本音は寒くて、職場の外に出た途端、思わず身体をすくめてしまうのですが 昔、asami先生が「寒さごとき...